長野県でQPEX説明 2年目

長野県では、県で温暖化防止条例を定め、家庭で使われるエネルギー削減のため、2015年度から戸建て住宅を建築する際建築士は何らかの計算プログラムを使用してその住宅の省エネ指標を提示することを義務づける。その計算プログラムの一つに新住協のQPEXが採択され、昨年からその説明会を開催している。今年は、佐久、長野、松本、伊那の4カ所で開催。昨年から延べ10会場で約350人が受講した。研修会は長野県建築士会が県から委託され会を主催している。写真は12/17,18の長野会場、伊那会場。新住協講師 会沢事務局長長野2 長野1DSC00995