冬の日差しは奥まで、だから・・・

日差し-2写真は2015.1.1正午の日差し。南に面する部屋の奥まで日差しが入る。床に日付の表示がある。冬至から10日が過ぎたが、太陽は今が一番低位置、これから夏至まで外に出て行く。仙台のこの日は日中の気温が2度、暖房なしではいられない。しかし、このとき室温は暖房なしで21℃、この日射がまさに自然の暖房エネルギー。まったく、日射がある地域は恵まれている。

ところが、遮熱型LOW-eペアガラスの「夏涼しい仕組み」はこの日射をカットするからとカタログに表示されている。ということは、夏涼しい仕組みは冬寒い仕組みと同じではないか。