一般ユーザ向け雑誌『南東北の高断熱住宅 第4号』発売! WEB連動動画解説もあります!

71mcDtJ8+wS一般ユーザ向けの高断熱住宅専門の雑誌として、発刊を続けている地域住宅誌

今回は、『南東北の高断熱住宅 第4号』(ASIN ‏ : ‎ B096RFJR7C)が

宮城・山形・福島の書店・AMAZON等にて、R3/6/14に発売になりました。

価格は、290円です。

※お近くの書店に無い場合もございます。その際は、AMAZON等からご購入ください。

AMAZONからの購入はこちらをご覧ください。

 

 

mokuji

◆雑誌内容◆

この本の最大の特長は「本をテキストにした動画解説(無料)と連動していることです。

高断熱住宅は、難しい専門用語を避けて通れません。

ホームページでオンラインセミナー風に解説しております。コチラ(新住協山形支部HP内)から見られます

■特集1:Q1.0住宅レベル3をつくろう(動画解説付き)

高断熱住宅と一口に言ってもいろいろなレベルがあります。

そのトップレベルとなるQ1.0住宅とはどんな住宅なのか?

Q1.0住宅レベル3の作り方を解説。南東北のレベル3の仕様と事例紹介。

レベル4住宅の冬レポートも。これから家を建てる人に役立つアドバイスが盛りだくさんの内容です。

■特集2:高断熱住宅のトリビア(動画解説付き)

知って納得のお役立ち情報を掲載。「家の性能計算方法」「1kWで室温が何℃上がる?」「換気の話」など

住まいづくりに必要なトリビアをわかりやすくご紹介。

■特集3:ユーザー登場

高断熱住宅を建てたユーザーの住まい体験記4例の紹介。

寒冷地である南東北に住まうユーザーに、体験の声を聞きました。

10年住んだ感想にも注目。

■宮城・山形・福島の新住協会員(工務店・設計事務所)22社の家づくり