山形県鶴岡市iw邸

山形県鶴岡市iw邸

改修後の熱損失係数q値=1.9を計画

改修前 外壁にウレタン吹き付け断熱が施工されているが、全く効果がない。
(暖かくならない原因は気流止めがないため断熱材が効かない)
改修計画 床→基礎外周に断熱&スカート断熱
外壁→既存外壁に高性能gw90mm断熱
天井→既存天井の上部に桁面断熱

↑01改修前の基礎 ↑02基礎堀り ↑03断熱材入れ ↑04断熱後
↑01既存軒天ボード撤去作業 ↑02軒天ボード取り外し後 ↑03気密パッキン
↑01外壁穴あけ ↑02下地取り付け ↑03入隅下地の様子 ↑04下地完成
天井は、断熱気密という点で重要な部分です。ところが、既存の天井を断熱気密する工事では、他の部位より複雑です。ここでは、天井裏の桁に更に断熱気密のための天井を設けました。